「無理ゲー社会」橘玲(小学館新書)

タイトルに惹かれて、即買いした本をご紹介。

 

「無理ゲー社会」橘玲(小学館新書)

<アマゾン>

無理ゲー社会(小学館新書)

新品価格
¥924から
(2021/9/5 08:22時点)

<楽天市場>

 

 

 

その恋愛、無理ゲーかもよ?:非モテ男子専用『正しい』モテ術3ステップ

新品価格
¥350から
(2021/9/5 08:23時点)


 

<ざっくりとどんな内容が書かれているか?>

「無理ゲー」 = 「社会的・経済的に成功し、評判と性愛を獲得するという困難なゲーム」のこと

 

この無理ゲーに同意なく参加させられている人々は、「自分らしく生きる」ために、「ディープステイト(闇の政府)」によるQアノン陰謀論や、資本主義批判する「レフト(左翼)」や「プログレッシブ(進歩派)」の主張、黄色いベスト運動、ブラック・ライヴズ・マターなどの抗議運動が活発化している。

本書では「自分らしく生きるという呪い」「知能格差社会」「経済格差と性愛格差」「ユートピアを探して」という4テーマについて、読者に対して現実論を突きつけてくる。

 

今後さらに過酷になる「無理ゲー」社会

個人個人の才能で自ら乗り越えていかないと「自分らしく生きる」ことはできない・・・。

 


ひろゆきのシン・未来予測

新品価格
¥1,601から
(2021/9/5 08:23時点)


 

<個人的にためになった内容>

本屋にいくと必ずといっていいほど書店にならんでいる橘玲さんの本

なにげにはじめて読ませてもらいましたが、難しかったです・・・。

というのも、最終的に、本書で述べられている無理ゲー社会から、私が抜け出すにはどうしたらいいのかがよくわかりませんでした。

うーん、もう1回最初から読んで、理解を深めていければよ思います。

 

ちなみに私は「自分らしく生きたい」というか、楽しく暇つぶししながらある程度だらだらしながら過ごしていければいいかなぁ〜と考えてます。

 

岩田さん: 岩田聡はこんなことを話していた。 (ほぼ日ブックス)

新品価格
¥1,744から
(2021/9/5 09:12時点)

Follow me!