『ナナメの夕暮れ』オードリー若林正恭(文藝春秋)

 

オードリー若林さんのエッセイ本を読ませて頂いたのでご紹介。

 

『ナナメの夕暮れ』若林正恭(文藝春秋)

ナナメの夕暮れ (文春e-book)

新品価格
¥1,019から
(2021/11/10 20:54時点)

 

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬 (文春文庫)

新品価格
¥790から
(2021/11/10 20:59時点)

                    

◆ざっくりとどんな内容が書かれているか?

あとがきのひとこと:

「気にするな」なんてクソみたいなメッセージが堂々と書かれている。こっちは気にしすぎなくなる薬がもしあるなら、常用したいぐらいにはもう生まれた時から気にしすぎてしまうのだ。

 

すべてはこの文章に集約されております。

気にしすぎ。ネガティブ思考。偏頭痛。人間関係。高まるストレス・・・自分探しと社会探し。

 

(私もですが)きっと同じ気持ちの方や、共感できる方はいると思います。

葛藤の中で綴ったオードリー若林さんのエッセイ本。おすすめです。

 

 


 

もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─ 5枚組(本編4枚 特典1枚) [DVD]

新品価格
¥10,080から
(2021/11/10 21:00時点)

                          

◆個人的にためになった内容

(若林さんのように成功や才能はありませんが、)私はとても若林さんと似ています。

気にしたくないけど、気にしてしまうんですよね。。。

そんな自分を変えようと、前向きに取り組んだり、前向きに考えたり行動するようにしてますが・・・初期値として必ず、負の感情として受けてしまう脳のため、常にポジティブに変換するコネクタが必要になります。よく故障してしまいますが・・・。

 

若林さんは人前に出られている仕事をしており、私よりも過酷な状況。

共感するとともに、「私はもっと頑張らないと!」と改めて強く思わされました。

 


 

完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込 (角川文庫)

新品価格
¥691から
(2021/11/10 21:00時点)

 

Follow me!