人生で起こることの9割はモチベーション!「図解 モチベーション大百科」

自分自身の意識とは別に、自らを動かしているものこそ、「モチベーション」

 

今回ご紹介する著書は、そんなモチベーションの正体を突き止めるべく、研究者たちが実験によって解き明かした心理・行動パターンについて、図解・解説された百科事典です。

 

「図解 モチベーション大百科」池田貴将(サンクチュアリ出版)

 

図解 モチベーション大百科

自分もめげるときは、本書をぺらぺら読み進めることで、打開策をみつけるようにしております。

 

ちょっと心理学の本を読んだことがある方なら、何度も目にする「プロスペクト理論」「返報性の原理」「初頭効果」

アイデアだしの基礎「ブレインストーミング」

良くも悪くも日本人の根幹にある「同調圧力」などももちろん紹介されております。

 

独学大全 絶対に「学ぶこと」をあきらめたくない人のための55の技法

本書で個人的に特にためになったのは

 

「経験の自己と記憶の自己」(迷ったときは、あえて大変な方を選ぼう)

穏やかに快適に暮らす幸せもあるけど、あとで振り返ったときに「あのときは大変だったけど、よい経験だった」と思えるほうが、脳はより幸せを感じるもの。

 

以前に、さとうみつろうさんの著書「悪魔とのおしゃべり」でも

ー「毎日が良い日になればいいのにな」という教えは間違い ー

常識を疑え!「悪魔とのおしゃべり」さとう みつろう (著)

と学びましたが、本書の「経験の自己と記憶の自己」もほぼ同義。

あえて困難な場に身をおくことで、結果、よかったと思えるんです。

 

学びを結果に変えるアウトプット大全

派生的に考えると、林修先生の「今でしょ!」の考えにも似てますよね。

今やる。先延ばししない。行動をすればするほど、より多くの経験を得ることにつながります。

物は所有しても盗まれる可能性があるけど、経験は誰にも盗まれない財産なのです。

 

本書では、他にも「おとり効果」、「スポットライト効果」、「感情変換」など面白い考え方がたくさん紹介されております。

ぜひ部屋に1冊。家族全員のモチベーションアップに本書を活用してみてはいかがでしょうか?

 

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

 

「え?」

 

「興味をもったって?」

 

「なら、いつ読むの?」

 

「今でしょ!」笑

 

寒い・・・凍え死ぬぐらい寒いぃぃぃ

 

 

 

 

モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書 (NewsPicks Book)

Follow me!