過剰な金融相場の今こそ読むべし「逃げて勝つ 投資の鉄則(田中泰輔)」 (日本経済新聞出版)

過剰な金融相場の今こそ読むべし!

 

「逃げて勝つ 投資の鉄則(田中 泰輔)」 (日本経済新聞出版)

逃げて勝つ 投資の鉄則 大負けせずに資産を築く10年戦略 (日本経済新聞出版)

楽天証券やYou Tube等で話題の方:田中 泰輔さんの投資本。

読ませていただきました。

 

投資のプロとして活躍されてきた専門家の投資本だけあって、専門用語も多く、また、翻訳本のように硬めの文章ばかりで、読み終えるのに数日を要してしまいましたが、非常に有益な情報ばかりで、とても読み応えがある投資本でした。

 

本書の内容を簡潔に記載すると・・・


・現在のように金融緩和が長引く場合は、株価が大きく上昇する反面、過剰な投資が横行し、その分、揺り戻しの反落も大きくなる。

・反落時、日本円で投資する日本人は、株価下落だけでなく、円高の影響も受けて、より被害を被るため、売り時を見極めることが大事。

・売り時は下記2点。

(1)FRBが金融引き締め(利上げ)に転じる場面 → 部分的に利益確定させる。

(2)利上げによる金利水準が、FRBの長期均衡水準を超えて、住宅市場に陰りが見える場面。


となります。簡単すぎてすみません^^;

 

FRBが2023年まで利上げは見送るといいながらも、意外に利上げが早いのでは?という憶測NEWSも少し聞かれるようになりました。

株価も上昇し続け、すでにバブルではないかとも言われる現在。

悩ましい日々が続きますねー。

 

本書では、景気サイクルごとの、株式価格、長期金利、政策金利、ドル円の動きを図を用いて丁寧に説明されております。

ぜひともお手にとって、みんなで逃げて勝ちましょう!

 

<その他:田中 泰輔さんの著書>

金融・為替・商品 マーケットはなぜ間違えるのか?揺れる相場の情報行動学

Follow me!