LIFE is Contents「言語化力 言葉にできれば人生は変わる」三浦崇宏(SBクリエイティブ)

最近読んで、ぜひおすすめしたいと思ったのでご紹介。

 

「言語化力 言葉にできれば人生は変わる」三浦崇宏(SBクリエイティブ)

もう何度も言われていることかもしれないが、
時代は変わった。いや、変わり続けている。

何を学べばいいのか、
どこにいけばいいのか、
転職か副業か、独立か成長か、自分をどう活かせばいいのか。

何を頼りにするべきか、
迷っている人も多いだろう。

こんな時代に、自分の道を切り拓くための道具がある。

それは分厚いキャリアガイド本でもなければ、海外の大学で取得するMBAでもない。
仮想通貨も、最先端のAIも、5Gも関係ない。

ぼくやあなたが今まさに使っている「言葉」だ。

誰でも簡単に意識せずに日常的に使っている「言葉」こそが、
あなたの価値を明確にし、あなたの願いを叶え、あなたを成長させるたった一つの、
そして最強の武器だ。

今最も注目を浴びる経営者・クリエイターの三浦氏による
スキルとしての「言葉」の本。

「想いや考えを伝える」「人を動かす」「自分の道を切り開く・やる気を出す」

(アマゾンより)

言語化力 言葉にできれば人生は変わる

 

「言語化力 言葉にできれば人生は変わる」

 

とってもそそるタイトル。

タイトルからして言語化力の強さを感じます。

 

本書は、序章からはじまり、4章まで章にわけて説明されておりますが、すべてが主役というほど、心に響く言葉がたくさん。

最初から最後までワクワクしながら一気に読み終えちゃいました。

ただ、ラップの例えは共感できませんでしたが^^;

 

個人的に特に印象に残った項目について以下に記載します。

少しでも興味持たれた方は、ぜひとも本書を読んでくださいね。

おすすめです!

 

「言葉にできる」は武器になる。 (日本経済新聞出版)

LIFE is Contents

人生に起きるあらゆる出来事は、成功も失敗もネタにできる。

出来事を言葉で語ることで、コンテンツにする。ネタが増えたと思えれば、失敗や辛い経験も前向きに考えられる。

 

どんなモノにも価値はある。

「どう表現するか」「どう伝達するか」「どう理解してもらうか」で価値が変わってくる時代。

「価値を伝えるプロセス」を組織内の個人に求められている。

 

神トーーク 「伝え方しだい」で人生は思い通り

「悩む」ことに意味はない。

言葉を因数分解することで思考を明確にする。

人生の進路や次の行動に漠然と「悩んでいる」ときに、特に効果がある。

思考を因数分解して言葉にすることで、問題の本質や自分が進むべき進路が見えてくる。

 

相手の立場になって、どう言われたら動くかを考える。

相手の気持ちを考える、というとは少し違う。

相手がどう言われたら嬉しいか、ではなく、相手がどんなメリットを知ったらその行動が変わるか、という視点が必要だ。

もちろん簡単なことではない。

相手と対話する中で、相手に対する理解を深めていくのだ。

 

すべての知識を「20字」でまとめる 紙1枚!独学法

あらゆるものの「なぜ」を考える。

アップル社が事業について考えるときのドールデンサークル理論:

「WHAT(何を)よりもHOW(どうやって)よりも、WHY(なぜ)から始めることが何よりも重要である」

 

<三浦崇宏 著書>

「何者」かになりたい 自分のストーリーを生きる

超クリエイティブ 「発想」×「実装」で現実を動かす

Follow me!