「 13歳からの「気もちを伝える言葉」事典 語彙力&表現力を伸ばす心情語600」(メイツ出版)

電話での会話、文章を書くときなど、顔の表情で気持ちを伝えれないケースもあります。

そんなときほど、「言葉」で「気持ちを伝える」ことが大事になってきます。

 

今回ご紹介する本は、そんな「気持ちを伝える言葉」に特化した語彙を集中的に学べる本です。

 

「 13歳からの「気もちを伝える言葉」事典 語彙力&表現力を伸ばす心情語600 (コツがわかる本!ジュニアシリーズ)」

 

光村の国語 この表現がぴったり!にていることばの使い分け〈1〉気持ちを表すことば

学生が安易に使ってしまう「かわいい〜」「きもい〜」「うざい〜」など抽象的な言葉。

 

どうかわいいのか? きもいとは、嫌なのか、かわいい意味もあるのか?

 

その場、その状況に応じて、より的確な語彙に置き換えたり、使い分けることができないと、相手に気持ちを正しく伝えれないのです。

 

気持ちを「言葉にできる」魔法のノート (日本経済新聞出版)

たとえば、「かわいい」という言葉1つでも

  • 愛くるしい
  • あどけない
  • 愛おしい
  • 素敵
  • 大切
  • 魅力的

いろんな表現の仕方があるのです。

 

本書では、学生が安易に使ってしまう90もの抽象的な言葉を題材にして、気持ちを伝える言葉(心情語)たちを紹介しております。

以前に、14歳からの読解力教室: 生きる力を身につける」という本にも解説されておりましたが、つながりがある情報(本書では、「心情語」)をセットで学ぶことで記憶に定着させることができます。

 

大人も読むべき「14歳からの読解力教室: 生きる力を身につける」犬塚美輪(笠間書院)

博報堂スピーチライターが教える 5日間で言葉が「思いつかない」「まとまらない」「伝わらない」がなくなる本

ぜひ本書で、言葉のミュージカルを学び、表現力のある素敵な大人になられることを切に願っております。

(もちろん、学生じゃなくても、表現が苦手な自分のような大人にもおすすめ!)

 

 

Follow me!