7つの図を使うだけ!『図で考える。シンプルになる。』櫻田潤(ダイヤモンド社)

 

図書館で面白そうな本に出会ったのでご紹介。

 

『図で考える。シンプルになる。』櫻田潤(ダイヤモンド社)

<アマゾン>

図で考える。シンプルになる。

新品価格
¥1,247から
(2021/10/17 10:36時点)

        

 

武器としての図で考える習慣?「抽象化思考」のレッスン

新品価格
¥1,584から
(2021/10/17 10:40時点)

   

◆ざっくりとどんな内容が書かれているか?

もやもや頭の中だけで考え続けているだけが思考ではありません。

図を書いてみて、思考を見える化することで、ポイントを絞ってシンプルに整理することができます。

また、自らが理解して作った図であれば、人に説明することもできますし、さらに思考を積み重ねることで、不足点や新たな気づきを得られるのです。

 

とはいえ、図を書くことは難しいと思われるかもしれません。

しかし、本書では、思考を磨き上げる図はたった7つのみで、しかも小学生でも描けれる極めてシンプルな図。

紹介されている7つの図を以下に記載します。

興味持たれた方は、ぜひ本書を読んで、具体例についても学ばれることをお勧めいたします。

 

思考を磨き上げる7つの図

  • 交換の図(思考の切り口:関係)

誰と誰が何を交換する関係なのかがわかる


  • ツリーの図(構造)

モノや情報を綺麗に整理整頓したいときに使う。


  • 深堀りの図(要因)

なぜ今の状況が起きているかがわかる。

課題の要因を分析したいときに使う。


  • 比較の図(立ち位置)

商品・サービスがどんな立ち位置にいるかがわかる。

ライバルと差別化したいときに使用。

購入対象を比較・検討したいときに使用。

一番重視する切り口は、タテ軸にすること。


  • 段取りの図(手順)

実現までの段取りを明確にしたいときに使用。

手順のどこに問題がありそうかを考えたい時に使用。


  • 重なりの図(コンセプト)

商品・サービスにどんな特徴があるかがわかる。

モノゴトのコンセプトを伝えたいときに使用。

競合商品やサービスの強さを考えたいときに使用。


  • ピラミッドの図(方針)

目指す方向とそこに行くまでの道筋がわかる。

会社のビジョンや戦略・戦術を考えたいときに使用。

目標への到達手段を考えたいときに使用。

上から下、下から上の両方で一貫性を持たせる。

 

 


エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

新品価格
¥1,584から
(2021/10/17 10:41時点)

          

◆個人的にためになった内容

たった7つの図だけという切り口がいいですよね。なんか書きたくなっちゃいますよね!

””比較の図”、”重なりの図”、”ピラミッドの図”は、なかなか意識して書くことがないので、今後はこれらの図も意識して書いていきたいと思います。

本書の”思考の図7つ”と、以前に別記事で紹介しました”グラフィックレコーディング”のテクニックを融合させたら、独自のスキルが身につきそう。

楽しいなぁ〜。

 


 

「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!

新品価格
¥900から
(2021/10/17 10:42時点)

Follow me!