ビジネス新・教養講座 テクノロジーの教科書 (日経文庫)

経済を学んで投資に活かす。

自分は毎月、数冊は経済本を読んでいます。

(投資本は読みすぎて知ってることばかりで飽きました)

最近は、元Googleでベンチャーキャピタリストである山本康正さんの著書が好みです。

 

最近読んだ書籍は

「ビジネス新・教養講座 テクノロジーの教科書 (日経文庫)」

ビジネス新・教養講座 テクノロジーの教科書 (日経文庫)

著者の山本康正さんはシリコンバレーに住んでおられ、かつベンチャーに詳しい専門家の方なので

着眼点が鋭く、投資本では得られない「投資におけるヒント」が得られ、とてもためになります。

 

本書のトピックスは下記6点。

  1. テクノロジーは経営ビジョン
  2. データは次の石油である
  3. 商売の仕方は常に進化し続ける
  4. 競争環境の変化は新規ビジネスのチャンス
  5. 次々に出てくる流行り言葉に騙されない
  6. 日本だけ見ていても必要な情報は入らない

シリコンバレーのVC=ベンチャーキャピタリストは何を見ているのか

特に4章の5G・ゲーム市場の争いについてはワクワクが止まりませんでした。

ソニー、マイクロソフト、任天堂といったゲーム会社にしのびよる

グーグル、アマゾンなどのプラットフォーマーの動向・・・ぜひとも読んで確認してもらいたいですね!

 

山本康正さんの著書では「2025年を制覇する破壊的企業 (SB新書)」という著書がありますが

その著書では特定の企業にスポットを当てており、特定の企業を深堀して理解したい人にはおすすめです。

2025年を制覇する破壊的企業 (SB新書)

それに対して、本書では、企業間の連携や、ライバル企業について広くテーマごとに学べることができます。

どちらも読みやすく、がんばれば1日で読み終えることもできるので、ぜひぜひチェックしてみてくださいね!

Follow me!