情報選択・伝達のスキル『伝え方の魔術』及川幸久(かんき出版)

 

YouTuberとしても活躍されている及川幸久さんの著書を読ませて頂いたのでご紹介。

 

『伝え方の魔術 集める・見抜く・表現する』及川幸久(かんき出版)

 

ソーシャルスタイル理論でわかった! 10万人のデータから導き出した 上司へのすごい伝え方

新品価格
¥1,650から
(2021/11/14 20:22時点)

                     

◆ざっくりとどんな内容が書かれているか?

国際情勢YouTuberとして大人気の及川さんの「情報の集め方・正しい情報の見抜き方・情報の伝え方」についてのスキルを紹介してくれております。

 

<得られるメリット>

  1. 短時間で「質の高い情報」を得る方法がわかる。
  2. フェイクニュースに騙されない方法がわかる。
  3. プレゼン力が上がる。
  4. 難しいことを理解して自分の言葉で表現できる。
  5. 「スライド」と「動画」作成のコツがわかる。
  6. 話下手でも相手にわかりやすく伝えられる。
  7. 自分の伝えたいことに興味を持ってもらえる。
  8. 英語ニュースを読むための「効率的な英語学習法」がわかる。
  9. 国際情勢でチェックすべき「メディア」「Twitterアカウント」「YouTubeチャンネル」がわかる。
  10. YouTuberとして成功するためのヒントがわかる。

 

以下に、及川さんだからこそのスキルと感じた内容・個人的にためになった内容を抜粋します。

 

  • 情報収集は「目的(課題)ありき」で行う。(〜したいという目的が明確であるほど情報収集の精度が上がる)
  • フェイクニュースを見極めるには、一次情報を見つける。(徹底的に情報源に近づくこと)

国際情勢なら、一次情報とは、首相官邸やホワイトハウスのホームページなど。

メディアや個人が発信している二次情報や三次情報は、一次情報をもとに正しく発信しているか、バイアスがないかエビデンスを集める。

  • アメリカのマスコミ

保守派:政府よりも個人や企業の自由を大事にする。減税派。反中国。(メディア:”FOX”、”The Epoch Times”、”Newsmax”など)

リベラル派:近年は「福祉重視→財源が必要だから政府権限を強くする→社会主義」というカラーが強まっている。増税派。中国には甘いが、人権問題には厳しい。(メディア:”CNN”、”ABC”、”CBS”、”NBC”、”The New York Times”、”The Washington Post”など)

中立派:”The Wall Street Journal”。

  • 英語で情報収集する。

おすすめは英語のTwitter。短い言葉で、ポイントが絞られた情報を得られる。

英語記事は、タイトル・サブタイトル・最初のパラグラフ2つだけ読めば、その記事で主張したいこと7割は理解できる。

  • 伝えるうえで最も基礎になる「知的正直さ」・・・「一人反省会」を毎日開催する。
  • 伝えたいテーマが出たら、まずは「過去に同じようなことはなかったか?」と自問してみる。

 


 

メモの魔力 -The Magic of Memos- (NewsPicks Book)

新品価格
¥1,317から
(2021/11/14 20:22時点)

                           

◆個人的にためになった内容

ついつい転用情報やマスコミ報道・偏ったタイトルや誤解を招くような表現を使ったり・・・日本の情報は特にひどい状態です。

各報道機関のバックにはそれぞれ新聞社があり、そのバックにはいろいろな利害関係者がいるようで。。。

本書を読んであらためて、発信する側として、情報収集の大切さを学ばせていただきました。

日本の報道関係者の方にも読んでもらいたいですね・・・。

 

それにしても最近、かんき出版の本をたくさん読んでいるような。出版社名を完全に覚えたw

 


 

私が見た未来 完全版

新品価格
¥1,200から
(2021/11/14 20:23時点)

  

Follow me!