プロの小説家に学ぶ「小説家になる方法」清水義範(ビジネス社)

図書館でみつけた「小説家になる方法」をご紹介。

 

「小説家になる方法」清水義範(ビジネス社)

小説家になる方法

 

タイトルの通り、小説家になる方向けの本である。ただ、自分は小説家になる気はないのだが・・・。

 

本書は、2部構成。

1部は、作者がどんなふくに小説家になりたいと思い、どんな体験を積んでなることが出来たのか。

2部は、小説の書き方の実際講座として、アイデア出し、取材の仕方、描写のテクニックなどが紹介されています。

 


新版・小説を書きたい人の本

 


 

まずは、1ページ目「はじめに」を読み始める。

小説家の本だから、前書きから心掴まれる展開を予想してましたが・・・

失礼ながら、とにかく理屈っぽいというか話が前身せず、あーだ、こーだの展開が続く・・・( ←ほんと失礼!)

ただ、章が進めば進むごとに、自分も読むスピードも早くなり、前書きの展開が嘘だったように読み尽くすことができました。

 

個人的に印象に残ったことを綴ります。

 

響~小説家になる方法~(1) (ビッグコミックス)


・好きな作家の小説は全作品読む。その作家の「小説作法」を感じ取ることで、初心者が書いたにしては、完成度が高いものになる。(すべての学習は「模倣」から始まる)

・他人に読まれたいという願望が大切。うまく書きたいという意欲につながる。

・たくさん書く。最後まで書きあげること。

・長いものを書きあげると、腕が上達する。

・二人称の文章で小説を書くのは困難。(あなた=読者のことになってしまう)

・三人称視点決まり法がおすすめ。第1章は、主人公の視点。第二章はその妻の視点・・・というように。

・自分がよく知っていることを書く。生半可な知識や思い込みで書くと、どうしても嘘っぽくなる。

・書き出しは、描写や説明をやや丁寧にする。

・常日頃から「比喩」のトレーニングをする。


人生経験を生かして小説家になろう! 今すぐ使える執筆メソッド36の書き方・売り出し方 (スマートブックス)

Follow me!